合宿免許はどれくらいの日数で取れるのか

合宿免許の魅力の一つでもある「取得日数の短さ」は、時間の無い人や余計な時間を減らして運転免許を取得したい人にとって非常に大きなメリットになります。普通自動車・(大型)自動二輪などで、それぞれ最短日数は違います。また、参加する合宿免許にスケジュールやプランによっても若干の違いがあります。まずは「自分がどのような希望を持って合宿免許に参加するのか」ということをしっかりと整理し、目的を達成できるものを選択することから始めましょう。具体的な日数が何日になるのかは、それぞれの合宿免許の公式WEBサイトを確認すれば分かります。ただ、あくまでも最短日数は「何事もなかった場合の日数」となるため、仮免許試験及び卒業試験を一発でクリアした場合のものになります。

普通自動車なら平均2週間で取れる

合宿免許に参加して「普通自動車免許取得」を目指す場合、基本的な卒業までの日数は約2週間です。AT車・MT車で数日程度の違い(AT車は14日間、MT車は16日間)がありますが、おおむね2週間あれば教習カリキュラムを修了できる可能性があるということになります。(大型)自動二輪免許の場合はそれよりも短い期間で取得することが出来ますし、二種免許の場合などは条件によって卒業までの日数が異なります。予め自分が取得する免許の種類で最短卒業日数を調べておき、それに合わせてスケジュールを調整するようにしましょう。首都圏で開催されるものの中には、「一時帰宅が可能」という合宿免許もあります。そのような場合であっても基本的な卒業までの日数は変わらないので、安心して利用しやすいものを選択しましょう。

付加プランがある場合は日数が増えることもある

最近の合宿免許の中には、あらかじめ「観光などのスケジュールが組み込まれているもの」があります。(有名)観光地で開催されるものは特に多く、それ以外の地域で開催されるものの中にも観光に当てる日を数日確保されているものもあります。観光などを目的として参加する場合は問題ありませんが、あくまでも最短卒業を目指している人がそういったプランを選択してしまうと、数日とは言え余計な時間を使うことになるので注意が必要です。少なくとも1日~2日程度は日数が伸びることになるので、3週間ほどの期間を免許取得に充てるつもりで考えると良いでしょう。また、繰り返しになりますが「あくまでも最短卒業日数である」ということを忘れないことが大切です。試験で不合格になってしまえばその分の日数が増えてしまうことを踏まえ、数日は余裕を持ってスケジューリングしておきましょう。