軽車検費用は実際にどれ位節約できるのかをお教えします

軽自動車に乗っていたら、車検の時にかかってくる軽車検費用というものがあります。車検は定期的にあり費用もそれなりにかかってくるので、できることなら車検費用を抑えたいという方も多くいます。今回は軽車検費用の節約方法などの紹介をしていきます。普通自動車と同じように軽自動車も車検を受けることが法律で決められています。普通自動車も軽自動車も新車を購入した場合は、購入してから3年後に受けて、その後は2年ごとに受けなければなりません。中古車を購入した場合は購入してから2年ごとに車検を受けることになります。車検は、安全に公道を走れるよう、国で定めている基準を満たしているか検査することであり、一般的に継続検査と呼ばれていて、車検を受けると車検証が交付されます。普通自動車と軽自動車では費用や必要な書類も違ってきます。

軽車検費用を安く抑える為に知っておきたいこと

車検を受ける方法はいくつかありますが、1つは国が指定した整備工場に依頼する方法で、点検や整備から車検まで全てを行ってくれるので比較的ユーザーの軽車検費用の負担は少なくなります。他には、自動車を使用している人が軽自動車の検査協会に直接自動車を持ち込んで検査を受けるという方法で一般的にユーザー車検と呼ばれます。軽車検費用の相場は上記で紹介した車検方法以外にも単独で営業している車検業者やフランチャイズの業者へ依頼する方法もあります。ガソリンスタンドや整備工場といった単独の車検業者は業者独自の判断で費用を決めているため、業者によって費用に大きな差が出ます。もし単独車検業者に車検を依頼する場合は、何社か見積もりをとってもらってから、価格を比較して決めることをおすすめします。

車検に必要なものと軽車検費用節約のポイント

車検に必要なものがあるのですが、業者に依頼する場合と自分で検査協会に持ち込んで車検してもらう場合とでは必要なものが一部異なってくるので注意が必要です。どちらの場合でも共通して必要なものは「車検証」「印鑑」「軽自動車税納税証明書」「自動車損害賠償責任保険証明書」であり、ユーザー車検のみ必要なものは「継続検査申請書」「自動車重量税納付書」「軽自動車検査票」が必要です。車検業者でおすすめのしたいのはフランチャイズ業者です。ネットで価格の比較もしやすく、整備に関するノウハウも一定の基準を満たしているところが多く安心です。車検の総額費用に大きく関わってくるのが点検や整備費用になるので、そこの価格が安価な業者を選ぶと全体的に軽車検費用を抑えることができるでしょう。費用以外でしゃお店の方が親切丁寧に対応してくれるかどうかもみて、安心して車検を任せられる業者に依頼しましょう。