軽車検費用をさらに節約するためにはどうすれば良いのか

車を所有している場合、国が定める基準を満たしているかどうか定期的に確認をすることが法律で定められています。これを自動車検査といい、一般的には車検と呼ばれています。車検にかかる費用は多いときで10万以上することもあり、車を所有している人であればどれくらいの出費になるのかヒヤヒヤした経験がある人も少なくないでしょう。しかし車検にかかる費用は車の状況や所有年数、走行距離、またどこの業者に依頼するのかによって大きく変わることもあります。それは、一般の車よりも維持にかかる費用が少ないといわれている軽自動車も同様です。軽車検費用を少しでも節約したいと考えているのであれば、まずは依頼する業者によって負担することになる費用にどのような違いがあるのかを知っておくことが重要といえるでしょう。

軽車検費用についてわかる基本情報

一般的に維持費が少なくて済むといわれている軽自動車ですが、軽車検費用も普通の車と比べると少ないといえるでしょう。車検にかかる費用は法的費用と点検整備費用の2つに分けることができます。法的費用には重量税と自賠責保険、印紙代の費用が含まれており、国で定められているため業者ごとの違いなどはありません。軽自動車と普通の車で金額に差が生まれるのも、この重量税が理由の一つとなっています。点検整備費用というのは整備や部品の交換などに関する費用のため、車の状況によって金額に大きく差が出るといえるでしょう。また、依頼する業者によっても違いがあります。車検を依頼する業者にはディーラーや車検の専門店、カー用品店などの選択肢がありますが、それぞれの金額の違いだけではなくメリットや特徴も比較してみましょう。

車検の依頼先を見直して軽車検費用を節約

軽車検費用を少しでも抑えたい場合、どこに車検を依頼するかという点はとても重要です。なかには車を購入した正規のディーラー店でそのまま車検もお願いしているという人も多いでしょう。ディーラーでの車検は信頼性と確かな技術力、サービスが大きな強みです。しかし部品の交換に純正のパーツを使用しているほか、整備項目が多く設定されていることなどから最も費用がかかります。車検の専門店やカー用品店での車検は作業工程のマニュアル化や純正品ではないパーツを使用することでコストを抑えているため、ディーラーでの車検よりも安い場合が多いといえるでしょう。最近では保証も含めてアフターサービスなどがしっかりと設けられているところも増えています。これから車検を控えているのであれば、今までの方法を見直してみることも費用の節約へと繋がるでしょう。