軽車検費用以外にも注目しておいた方が良いポイント

車種の中で、軽自動車はもっとも販売台数が高く、幅広いユーザーから支持される人気車です。軽自動車は、普通車と比較し燃費性が優れ、税金やメンテナンス費用が安く維持しやすい特徴があります。中でも車検費用は、新車の場合が3年に一度、その後は2年毎に受けなければなりません。その軽車検費用は、他の車種より低く経済的負担は少ないと思われますが、無駄な費用を抑えるためにも軽自動車の車検内容を把握し、現状の自家用車の状況に最適な車検プランを自らも考え、最良の車検業者を選び、意向をしっかり伝えることが重要です。しかしながら、度が過ぎる節約は車の故障トラブルの引き金となる可能性があります。大事なことは、車検の目的を踏まえ予防整備は徹底し、必要のない交換や作業を省き、適正な節約により安心できる車検を目指すべきと考えます。

軽車検費用を節約する視点とやり方

まず軽車検費用の内容は、自賠責保険や重量税等の法定費用と車検に必要な整備や点検にかかる費用として車検基本料となっています。車検の節約を考える視点は、法定費用は法令によって決められており対象外となります。従って節約視点は、車検基本料となります。この費用は、車検業者よって異なりますので、事前に見積り書の提示を求める必要があります。一般的に自動車メーカー販売会社は、保証制度やアフターフォローが充実し、部品交換等は純正部品を使用することから費用は割高と言われています。一方、車検専門業者やカー用品専門店、ガソリンスタンド等では様々な特典やサービスが提供されており、場合によってはかなりお得に車検を受けられる可能性があります。小さな特典等の積み重ねで、結果、ガソリン満タン費用分や数万円の節約に繋がりますので、どこで車検を行うのか十分に検討すべきです。

軽車検費用と合せて節約すべき経費

一般的に2年に一回、実施している車検は、走行時の安全性を担保する点検であり、軽車検費用の節約行動も適正に行うことが必要です。最近では、ガソリンスタンドやカー用品店でも車検業務を実施しています。その費用は、カーディーラーと比べると安く設定されているようです。ガソリンスタンドでは車検費用以外に、お得な特典があります。車検申し込みの方に対し、その後のスタンド利用特典として冬用タイヤ交換特別料金や撥水洗車無料サービス及びエアコン洗浄サービス、また常時ガソリン代1円値引き等が進呈されています。このような特典は、カーディーラーでは絶対に見けられません。それらの特典を経費換算すると数千円分になり、軽車検費用の節約分と合算すると、とても価値ある内容と考えられます。従って、特典はお得な経費と受止め、業者毎の特典内容を細かくチェックするようおすすめします。